『仏教のアレ』

はじめに

当サイトは、運営者自身が「出家する前に知りたかった!」と思うあれこれを、禅宗の修行者としての立場からお伝えすることを目的に運営しています。

 

そのため、仏教の一般的イメージの「ありがたい話」よりも、むしろ禅修行の現場にそくした「過酷さ」の側面をお伝えしたいと思っています。

禅修行の歴史をしらべてみると、「身も心も完全に叩き潰される」ような命がけの真剣勝負ばかりが目に入るはずです。

「おまえなんてクソふいた紙とおなじだ!」

「30mの竿の上から飛び降りろ!」

罵詈雑言の飛び交う中で、殴る蹴る、叩く、斬る、、、、これらの修行を要求する「仏教」とは、本当に世間で言われているような「ありがたい話」だけですんでしまうものでしょうか。

 

はっきり言えば、「ありがたい話」をいくら聞いても仏教はわかりませんし、ほとんど意味がないと思います。

むしろ必要な情報は修行現場の実際についてであり、過去から現代までにわたる修行僧の行いを学ぶことが仏教を学ぶ上では一番の近道です。

 

 生を明らめ死を明らむるは仏家一大事の因縁なり」―道元『正法眼蔵 諸悪莫作』

仏教修行とはこの言葉の通り、 “いかに生き、いかに死ぬのか” 実践の中において自分自身で明らかにし納得してゆくためのものです。

修行の動機である生死の問題自体は、すべての人間に共通した重大な現実ですから、この問題に取り組むうえでは、おなじ問題に取り組む修行僧達の言動を見ることが助けになることも多いと思います。

 

言葉にできない「アレ」

仏教の話がわかりにくい最大の理由は「言語」そのものにあります。

仏教の扱う「無我」「悟り」「涅槃」などは、言葉にできません。

それは“言葉にするのが難しい” のではなく、 “言葉にするのが不可能” だからです。

 

仏の得た “悟り” は個人の純粋な経験そのものであるからこそ、感覚質(クオリア)を伝える時のように比喩によってのみ伝えようとすることが出来ます。

 

だからこそ、禅の世界においては「不立文字、教外別伝」(文字によらずに言語から離れて教えを伝える「以心伝心」(心から心へ直接伝える)という方法を強調しています。

 

どうしたら言葉にできない「アレ」が伝わるか。

一つだけ確かなことはだれにとっても正しい教え(言葉)は存在しないということです。

つまり個人個人の相性によって、適切な伝え方は変わります。

 

だからこそ、適切な指導者や書籍を見つけ出すことは容易ではありません。

とくに、指導者については、彼が正しいのか間違っているのか、判断する基準がほとんどありません。

このサイトでは、何を誰に学べばよいかわからない、という方々にこそ役に立つ記事を中心にしています。

仏教トークを寺から外へ

修行僧として共に修行をする仲間と過ごす日常のなにげない会話は、思いがけず良い勉強になることがよくあります。

このサイトの対話記事も、兄弟弟子のありふれた仏教トークを元に書かれたものです。

お坊さん同士のマニアックな話から、くだらない話まで、できる限り体系的にまとめました。

 

仏教に関心がある方にとって、書籍では見つけづらい修行者の生の声を聞いていただける機縁となれば幸いです。

また、仏教について関心はあるが、これから学び始めるという方にとってもわかりやすいように専門用語を減らす努力をしました。

 

しかし、何より初めにお願いしたいことがあります。

 

とてつもなくわかりやすく、しっかりと仏教を教えてくれるすばらしい書籍を紹介しておりますので、このサイトを楽しむためには是非初めに、編集部オススメの書籍をご覧になってご自身に合った本を読んでみてください。

どの本を読んだとしても、おもしろいと思っていただけたようであれば、このサイトをより楽しんでいただけることをお約束いたします。

 

まずは記事を読みたい、という方は以下のおすすめ記事をごらんください。

 

 

 

↓御意見御感想はこちらまで↓