お坊さんってなに?①:“ふつう”のお坊さん


この記事について

町やメディアで見かける「お坊さん」について分類わけしてゆきます。

第一回は最も多い、葬式、イベントで見かけるお坊さんについて!

お坊さんの修行で実際にどんなスキルが重要なのかも……。

結構長いです。ゆっくり読んでくださいね。

「お坊さん」のイメージ

 

道宣
では「お坊さん」についてお話しますか。
遊心
「お坊さん」ですか。

 

どんな点についての話をしますか?

道宣
色々な話題があるんですが……。

 

 

世間でのお坊さんイメージがバラバラすぎるので

一度しっかりまとめてみたいと思いまして。

遊心
あー、それは間違いないですね。

 

 

もはや「お坊さん」という呼び名でまとめるのはどうか?

 

というほど色々な種類の人がいます。

道宣
みんなはお坊さんに、どんなイメージをもっているのかな?
遊心
よく聞く話はいくつかありますね。
道宣
ベンツ乗って風俗行って……みたいな?
遊心
そういう種類はもう切り捨てて考えましょう(笑)

 

 

今はそれほど目立ちませんし。

 

 

そもそも「お坊さん」カテゴリーに含めなくてもいいと思います。

道宣
でも彼らもお坊さんの端くれですよ……?
遊心
絶対思ってないでしょ?
道宣
(スルー)

 

では、あくまで、本人が「仏教」とのかかわりを、

何らかの形で真面目に考えているお坊さんを前提としてお話を進めましょう。

葬式で見かけるお坊さん

 

遊心
知人の話などを聞いても

やっぱり一番耳に入るのは

「お葬式」におけるお坊さんですよね。

道宣
そうですね。

 

私の田舎の親族もそのイメージが強いようです。

遊心
「葬式仏教」みたいな悪口ばっかりですか?(笑)
道宣
うん。

 

正直に言って良いイメージだけとは言えませんね。

 

ただ、個人的には日本文化においての葬儀に関わっていることは

決して悪いことではないと思います。

遊心
はい。

 

 

批判されるイメージは強いですが「仏教文化」として重要な面も多いです。

 

例えば「お坊さん」の大きなイメージの一つ

お葬式の時などにされる法話や説法があります。

 

 

お坊さんはお祭り事の専門家ではありませんが

 

生死の問題の専門家ではありますから、

 

 

そういった話を、お坊さんがすべき理由はあります。

道宣
地域に根付いたお寺にいる

人生経験豊富なお坊さんからお話をきいて

自分の人生の参考にしたり

故人への思いを考える機会でもあります。

遊心
法話をする老師方の年齢になると言葉に重みがでますしね。

 

仏教の内容そのものとは、

必ずしも関係ないことも多いですが。

 

「仏教」を広めようと頑張っているお坊さん

 

道宣
しかしそれだけでなく

現代には「仏教」独自の色をだすために

様々な活動をなさっている方々もおられます。

遊心
たとえば東京では

いろいろなことをやっている方がたくさんいますね。

 

 

宗派にこだわらずに「仏教」のイベントや

参加型のアクティビティを開催するお坊さんが増えてきているようです。

道宣
坊主バーやカフェを経営したり、

 

一般の人たちからの悩み相談など、色々と工夫しています。

遊心
みなさん「仏教」という文化を

人に広めるために様々な努力をしています。

道宣
積極的に社会問題に対しても発言したり

人の心を癒すために様々なことをなさっているようです。

遊心
これらの「お坊さん」に共通するのは

仏教と社会とのつながりを頑張って取り戻そうとしている点です。

道宣
はい。

 

重要なのは、その社会とのつながり無しには

「仏教」は広まらないということです。

 

「文化」に根ざさないかぎり

「仏教」自体が持つ「内容」が伝わることはないです。

仏教文化ってなに?①:海外から見る「仏教最強決定戦」

2018年9月5日
遊心
あ、「内容」といえば、よく聞く話ですが

このような活動に参加された方の意見で

 

「仏教って結局なにをやっているモノかわからない」

 

という言葉がありますが、どうおもいます?(笑)

道宣
それはそうかもしれませんね……。

 

「心理カウンセラーやボランティア活動の人たちとどう違うの?

 

って聞かれたこともあります……(笑)

遊心
これは難しい点ですけれども…。

 

お坊さんの意思はともかく

実際、外から見ると、わからないというケースは多いですね。

道宣
多くの人にわかりやすく伝えようとすると

どうしても薄味になりがちですからね。

 

むずかしいですよね。

 

最強の坊主とは・・・・・・

 

遊心
こう見ると、

一般的な「仏教」のイメージって

「文化」的なものに限定されすぎていますね。

道宣
確かにそうかもしれません。

 

必ずしも「仏教」の内容と直接関わりがあるとは限らないですし

むしろ「文化」そのものである場合もあります。

遊心
私の個人的感想ですが

日本の文化におけるお坊さんのイメージって、すごくいい人ですよね?

道宣
それはまさに

全てのお坊さんが“そうあるべき”とされる

日本における “お坊さん” イメージ、

 

人格完成者のことですね?

遊心
(笑)

 

たしかにそう言うと、わかりやすいですね。

 

いつも朗らかで人にやさしく穏やかに

雨にも負けず世のため人のためにはたらく人のことですね?(笑)

道宣
僕のことですね!
遊心
(……。)

 

冗談はさておき

この「文化的お坊さん」のイメージでは

たしかにお坊さんは完璧超人であるべきという場合が多いです。

道宣
聖人像ですからね。

 

文化的には正しいです。

遊心
ただ、現実のお坊さんに、それをあてはめられると

正直しんどい場合もありますが……。

道宣
理想ではあるんですけどね。
遊心
実際、人生経験による成熟がもたらす

“人間としての好ましさ”という面はあるでしょうね。

 

 

ただ、実際これ

 

仏教と関係あります?

道宣
関係無いとは言えないけれど……

正直イコールではないよね。

 

お釈迦さんなんて、妻も子も捨ててるし、

時には平気でもらった食べ物捨てたりするし、

日本においては必ずしも “良い人” ではありません。

 

しかも、もし社会的な好ましさが求められると、

能力の高い人が必然的に良い修行者ということになってしまいますからね。

遊心
人間的能力に修行の質は直接影響うけませんからね。

 

実際、僧堂内でも

その風潮はありますよね?

道宣
たとえばどんな?
遊心
僧堂における“よいお坊さん”とは

 

お経を覚えるのが早い

 

所作がキレイ

 

お経を唱えるのが上手い

 

三大スキルですね?

道宣
そうですね……。

 

…はっ!こっこれは!

遊心
そうです!つまり!最強のお坊さんとは!

 

頭が良くて

運動神経がよくて

歌が上手い!!

 

この三つの能力が必要不可欠なのです!!

道宣
たしかにっ!

つまり……。

https://buddhismare.net/wp-content/uploads/2018/08/cfc7d532f2d4a0f0bb1d898883fc3327.jpg

 

リア充と同じだーーーーー!!!!

遊心
そうです。

 

ちなみに所作がキレイであるために

高身長でスタイルが良く

さらにイケメンであることが求められます。

 

そのうえで完璧な仕事をこなさなければなりません。

道宣
なんてこった……orz

 

つまりエリートビジネスマンが最強の坊主だったのか……。

遊心
まぁ、冗談はともかくこれはホントです。

 

さらに言えば実家がデカい寺だと、めちゃめちゃ有利です。

道宣
実社会顔負けですね……。

 

スペック至上主義じゃないですか。

遊心
この “デキる坊主” の理想像ってどこから来たんでしょうかね?
道宣
私は「仏教」からきているというよりも

「日本文化」の理想像である気がします。

遊心
たしかにそのとおりですね。

 

上の例に挙げたお坊さんたちの活動も

「日本文化」に導かれた結果のようですから。

道宣
もちろん仏教が日本文化におよぼした影響もあるとはおもいますし、

 

相互に影響しあっているのですが。

 

 

だからこそ、仏教と日本文化は見分けることが難しいです。

 

特に一般的な「お坊さん」のやることといえば

お葬式、法要、法話、お悩み相談、チャリティー活動などなど

そういった文化主導のもののイメージがほとんどでしょう。

遊心
では、つまり文化主導でない仏教を話さなくてはいけませんよね?
道宣
そうですね。

 

仏教はもともとインド発祥ですし、中国経由して来ているので

各国文化を乗り越えてきた「アレがあるはずです!

遊心
では、次回はそれについて話しましょう!

 

まとめ

 

  • 日本にはいろいろな頑張っているお坊さんがいる!
  • 文化主導でない仏教とはなんだろうか
  • 文化を乗り越える「アレ」

 

次回は「出家の理由」!お楽しみに!

お坊さんってなに?②:出家の理由

2018年8月25日








この記事をSNSでシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です