禅語録を超訳する!①:倶胝竪指(ぐていゆびをたてる)


 

 

グテイ指をたてる
グテイ和尚は大事なことを聞かれたときには

きまっていっつも、さっと指をいっぽん立てることでこたえていました。

グテイ和尚のそばにいた小僧さんはそれを見て

 

ちょーかっこいい!

 

 

と思っていました。

 

 

ある時、お寺にお客さんが来て小僧さんに質問しました。

 

「ここの和尚さんはどういう風に仏教について教えていますか?」

 

小僧さんはもちろん、和尚さんのかっこいいやり方を見ていたので

 

 

同じようにさっと指をたてました。

 

 

これを聞いたグテイ和尚は

 

 

小僧さんの指を切り落としました。

 

 

「ふぇぇ・・・!

きゅうに指きるなんて

ひどいよぉ・・・・・・!」

 

 

 

泣きじゃくった小僧さんは走ってにげます

 

 

 

そこで一言、グテイ和尚がいいました。

 

「おい、おい。」

 

小僧さんがふりかえると、今度はグテイ和尚がさっと指をたてました

 

 

小僧さんは悟りを開きました

 

 

 

 

その後、グテイ和尚は死の間際に弟子をあつめていいました

 

「わし、天竜和尚のとこで修行して一本指の禅ってのを得たけど、一生つかいきることできなかったわい。」

 

むもん
グテイも小僧も指の先なんかでさとってないぞ。

もしここがわかれば、天竜、グテイ、この小僧と一緒に

 

 

 

おまえも一串でつらぬかれるだろう。

 

ん?さとるってことね。

 

ちょっと詩つくったからきいて。

 

グテイが天竜をこけにして

 

いいカタナで小僧をためしたら

 

めちゃつよい神様がかんたんに

 

でかい山を引き裂いて

 

まっぷたつにしたんだよなぁ

むもん

 

ふざけてると思いますか?ほとんどそのまま訳してます!

その②はこちら!

禅語録を超訳する!②:世尊粘花(せそんはなをねんず)

2018.08.30








この記事をSNSでシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です