禅語録を超訳する!③:南泉斬描(なんせんねこをきる)


 

前回はこちら!

禅語録を超訳する!②:世尊粘花(せそんはなをねんず)

2018年8月30日

 

南泉斬描
ある日、ナンセン和尚が歩いていると

お寺の東に住んでいる修行僧と西に住んでいる修行僧が

一匹のネコをとりかこんでケンカしています。

南泉はネコをつかみ取ってこう言いました

「おい、おまえら。

 

 

言え!

 

 

言えたらこの猫は助けてやろう

 

 

言えなければ

 

 

 

斬 り 捨 て る!!!」

 

 

 

修行僧たちはあせりましたがなにも言えません。

 

 

それを見たナンセンは

 

 

 

 

 

ネコを切り捨てました。

 

 

 

その晩、弟子の中では特にできる弟子のジョウシュウが外から帰ってきました。

 

ナンセンはこの出来事をジョウシュウに伝え

 

「どう?」

 

といいました。

 

 

ジョウシュウはそれを聞いて

 

 

クツを脱いで頭にのせて出てゆきました

 

 

「あいつがいたらネコちゃん助けられたのになぁ……」

ナンセンはそう言いました。

 

むもん

まぁとりあえず、ジョウシュウが靴を頭にのせたのはなんでか言ってみろ

もしここがはっきりわかれば

ナンセンがあんなこと訳なくやってないことがわかるだろう。

 

それができなきゃ危ないぞ。

 

 

ジョウシュウがいたらね

真逆のことになってたよ

カタナをうばい取られたら

ナンセンも命ごいしただろうなぁ

むもん

ふざけてると思いますか?ほとんどそのまま訳してます!

次回はこちら!

禅語録を超訳する!④:百丈野鴨子(ひゃくじょうやおうす)

2018年9月2日

 









この記事をSNSでシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です