『マーシフルガール』:AIが悟りをひらいたら…


AIが悟りをひらいたら…

おそらくビジュアルノベルゲームとしては

初の設定として作られたであろうスマホゲーム

『マーシフルガール』のご紹介です。

道宣
遊心さん、今日ずっとスマホいじってましたね?
遊心
あ、はい。

これやってました。

道宣
何ですか…?これ?

萌えゲーム?

遊心
いえ、九月に公表された

ビジュアルノベルゲームです。

 

 

このAIの見た目こそ萌え絵ですが、

シナリオはかなり本格的でしたよ。

道宣
はぁ。

 

どんなシナリオなんですか?

遊心
2037年のアンドロイド開発者が

ビックデータと接続したアンドロイドを試作したら、

 

悟りをひらいた。

 

っていう話です。

道宣
夢のような話ですね!(笑)

 

つまりお釈迦さんがAIになったら…って話ですね。

お坊さんのお仕事激減して、とても助かりそうです^^

 

 

見た目ただの美少女ですが…?

遊心
そうなんです。

 

見た目は主人公の趣味らしいですが、

可愛い見た目に反して、

気持ちいいくらいに悟り切った発言ばかりして笑えますよ。

道宣
へぇ~。

 

つまりお釈迦さんみたいに、

主人公を悟りへ導く、っていうシナリオですか?

遊心
いや、実はそうでもなくて、

 

基本的な仏教の根幹を踏まえて

主人公と会話をするので、

 

勝手に主人公が仏教的な世界観を学んでは行くのですが、

 

それがモヤモヤとしているうちに

人生の問題や死と向き合ってゆくお話です。

 

 

人生についての重要な視点を考えさせられますが、

死や生き方だけでなく、葬儀などを今まで通り行うことや、

死後の手続きなどに疑問を持っている方にもオススメです。

道宣
へぇ~。

 

おもしろそうですね!

遊心
おもしろかったですよ!

 

 

特に、これについては素直に感心したのですが、

 

序盤の間は、AIが語る仏教知識に、

混乱の少ない原始仏教の文脈をつかって、

 

中盤からは看取りや葬儀などの

日本文化と関わりが深い

禅の思想を主につかっているんですよ。

道宣
それは…すごいテクニックですね。

 

原始仏教と禅の使いどころを意識しながら

違う文脈を使ってもなお、シナリオの整合性を保つとは…

 

開発した方は、かなり仏教に造詣深い方なんでしょうね。

遊心
そうだとおもいます。

 

 

少し、ほかの作品も見てみましたが、

タイに行って仏教に触れるシナリオのゲームなど、

仏教をモチーフにしたゲームを

数多く制作しておられました。↓

道宣
うわ、これはすごい!

禅とか、特に輪廻の名前が付いたゲームなんて

僕はじめて見ましたよ…!(笑)

遊心
ZEN SPLASHやりましたけど、

仏教的こだわりを随所に感じたので

おもしろいのに加えて興味深かったです。

 

 

作者の方、

おそらくかなり真面目に仏教を学んだ方なんでしょうね。

 

実は高名な僧侶だったりしてもおかしくないです。

道宣
そういわれると気になっちゃうので…

 

僕もやってみます!

遊心
『マーシフルガール』は、

かなりリアルに “死と向き合う” 体験ができるので、

是非、じっくり味わってやることをオススメします!

 

※『マーシフルガール』で仏教に興味を持った方は、是非コチラもご覧ください。

無我ってなに?:おまえなんてどうでもいい!

2018年8月21日

無常ってなに?:つづかないよ!

2018年8月21日

苦ってなに?:苦しい?つらいの?

2018年8月19日








この記事をSNSでシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です